2008年1月10日

気分だけ


我がキャンプ場のコネコネ隊長こと松尾君から突然、『後で伺います』というメールが入ってきた。

そして、午後になってから、にやけた笑みを浮かべながら本人が現れたのであります。近頃珍しい事であったし、半分ぐらいは寿司屋さんへの誘いかと期待しながら「競馬で当たったの?」と尋ねたら、「いやいや、来週当てますよ!暇だったらこれから空港へ行きましょう!」と誘われてしまった。理由を聞いたら、成田空港内の取引先に年始のあいさつに行くらしい。今日は本人、休みを返上して、個人的に自らのお客さんに対し、朝から年始周りをしているとの事、見上げたものだ。
さしあたってやる事もないので、助手席に座り込んでお供をした。
空港までの道のりがこれまた松尾君らしいというか、あらゆる信号を回避すべく、松尾マップに則り右に曲がったり、左に曲がったりしながら裏街道をくねくねと突っ走る。まともな道路を通っても同じぐらいかなと思う時間の到着だったが、本人は満足気であった。

第2から第1ターミナルへとそれぞれ用を済ませた後、松尾君も私も以前この成田空港で働いていた経緯があったので、懐かしの第1ターミナルを少し見学してみる事にした。私は千葉県の外郭団体、千葉県貿易協同組合の職員として、開港から7年間空港に在籍したが、当時と比べ Staff Only の場所以外、ターミナル内部は改装で全く変わってしまっていた。ここは昨年夏、ローマからの到着時に利用したが到着ロビーだけの通過だったから、中央棟の方までは足を運ばなかった。
正月明けという事もあり、それほどの混雑ではなかったがいろいろな国の人達が行き交い結構にぎやかだった。気になったのは、出発ロビー4階の中央棟で、あまり開放感は無く、以前にも増して、テナントやレストランがひしめいている事で、猫の額ほどのプチテナントにそれぞれ従業員が窮屈そうにしており、効率が悪そうに思えた。まるで、神社の縁日に集まった体の良い露天商みたいだった。ユニクロまで進出しており、あらゆるものが揃っているから便利なのかも知れないが、この辺がお役所のイメージに沿った日本的な空港モールなんだろうか?個人的にはそんな印象を持った。
知人を見つけて立ち話をした後そそくさと空港を立ち去ったが、エアーラインスタッフや羽根を休めている飛行機を見ているとまた外国に行きたい衝動に駆られてしまった・・・・次はチベット、アフリカ・・・・
いやいや、成田空港は体に良くない場所だ!と自分に言い聞かせる。

ひとつ気付いて関心した事だが、駐車場に『駐車料金清算機』なるものが設置されていて、ここで支払いを済ませれば出口ゲートですんなり出られる事がわかった。ETCが使える駐車場とか都会に住んでいる人なら当たり前なんだろうが、世の中の進歩を実感した。

帰り道、どういうわけか共通の知人である懐かしいKさんの仕事先を訪問し、少しおしゃべりをして「こんど飲みましょう!」で別れ、松尾君に自宅まで送ってもらって、さようなら。
松尾君、どうもお疲れさまでした!

2 件のコメント:

シンちゃん さんのコメント...

そうです。野望も控えめに!!

逆光仮面 Toschi さんのコメント...

金銭的にも無理なので、当分じっとしていましょう!