2007年6月25日

チタ → ウラン・ウデ、陸送軍団との別れ


チタのホテルを出る朝、車を駐車場から出す際、偶然にもロンドンから車(レンジローバー)で日本に向かうというイギリス人の熟年夫婦に声をかけられた。こちらも車で旅をしている事がわかったらしく(ホテルの駐車場には、関係者以外の車は2台だけだった)「チタからウラジオストックまでの道はどんな感じでした」と聞かれ、「ともかくここから先はラフロードが延々1500km続きます」と答えておいた。こちらは「チタから先のポリスチェックはどうでしたか?」と聞いたら「何度も何度も会いました」という即答。お互い別の意味でこれからが大変だという気持ちで、グッドラックの意味もこめて「良い旅を!」と言って別れた。

チタからモンゴルへのロシア側の玄関口であるウラン・ウデまでは地図を見ると680km、西へ向かう国道に未舗装区間は無し。これまでの走行距離からすればなんてことはない距離であると9時頃余裕でチタを出発した。その通り、そのほとんどが高速道路ではないかと思えるような道路で、写真で見たモンゴルと錯覚しそうな場所や頻繁に列車が行きかうシベリア鉄道と併走しながら走る箇所があったりと風景の移り変わりを味わいながら走れる。もっともどんなにすばらしい景色が目に入ってきてもだんだん感動を覚えなくなってきているが、眺めの良い場所で何度か休憩を取りながら、予定通り午後8時ごろウラン・ウデに到着したまでは良かったが駐車場を確保できるホテルがなかなか無く、散々探しまくってチェックインしたのが10時。その頃までは日差しが強くとても暑かった。日中暑くも日が落ちれば涼しくて心地良いのは夏の短いシベリアの特徴か?ここは日本時間と同じタイムゾーンに入るが外は11頃まで明るく、モンゴルが近いだけあって東洋系の人種の多い町だ。

我々はモンゴルへ、陸送軍団は遥か西のモスクワ方面を目指す。共に悪路を走り抜いてきた彼らとの別れ際には言葉は通じなくも、握手をしたり手を振ったり、ホーンを鳴らされたりと不思議な連帯感を味あわせてもらった。おかげで車を駆っての今後の旅にもいっそう励みになった。陸送軍団ありがとう。

連日距離を稼ぐあまり、ネットカフェが開いている時間に間に合わず、また安いホテルに泊まっているせいもあるが、インターネット事情が良くないので繋いでいない。あすからモンゴルに向かうからウランウデに着いたら、ちょっとのんびりして、ウェブへの書き込みにトライしよう。

2 件のコメント:

もりわき さんのコメント...

はじめまして。「シベリア横断道路」で検索して、見ました。
うちも1年後ぐらいにでかけたいです。
無事に旅行を続けてください。

逆光仮面 Toschi さんのコメント...

もりわきさんこんにちは、
コメントありがとうございます。
我々はどちらかと言えば、貧乏旅行をしている為、なかなかインターネットの繋がる場所や営業時間内にたどり着けず、なかなか更新できませんでしたが、ロシアもウェブ環境はOKです。
来年、是非チャレンジして下さい!